晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

焼酎の漬け込み酒をつくってみた その10「キウイ焼酎②」

先日作り始めたキウイ焼酎。

 

www.bansyaku.com

 

その後のご報告です。

 

漬け込み1日目経過。

f:id:clear-rock:20180205171303j:plain

ほぼビジュアルに変化なし。

画像では分かり難いんですけど、お酒に色が付き始めた感じです。

香りはまだまだ焼酎感が強い。

ざらめは控えめにしたので結構溶けました。

さらなる変化が楽しみです。

 

 

漬け込み2日目経過。

f:id:clear-rock:20180205171443j:plain

やはりビジュアルに変化なし。

香りも程よくキウイ感が出てきております。

色もきちんとグリーンに染まりつつあり美味しそう。

ざらめは完全に溶けました。

明日はどんな感じでしょうか?

 

 

漬け込み3日目経過。

f:id:clear-rock:20180205171629j:plain

全くビジュアルには変化なし。

香りもキウイの香りが強く出ています。

今日は予定があるので翌日飲んでみます。

 

 

漬け込み4日目経過。

ビジュアルには変化がないので画像は添付なし。

香りも変化なし。

多分ここから変化は少ないと思います。

 

では飲んでみます。

 

 

お味は…

 

 

 

キウイだ。フルーティーだ。

非常にさわやかな味わい。ちょっと漬け込むだけでアルコール感が一気に軽減します。

正直結構グイグイいけちゃうお味ですけど、酸味の強いフルーツなのでもうちょっとざらめを入れていてもよかったなぁっていうのが反省点。

 

やっぱり南国フルーツなので炭酸割で飲んでます。

 

f:id:clear-rock:20180205192658j:plain

 

フルーツ割ですので、おつまみはクラッカーなどのライトスナックが合いそうです。

漬け込まれたキウイを食べてみましたが、食感は若干柔らかくなったもののしっかりとした果実感は残ってました。お味はフルーツの洋酒漬けとは言わないまでもアルコールがきちんと憑依したパンチのあるお味に変化しております。

 

キウイの酸味が強い場合は、砂糖の分量をおおめに、

ゴールデンキウイのように酸味が控えめで甘い場合は砂糖の分量をすくなめにすると飲みやすく仕上がると思います。

キウイって通年手に入りやすい果物なのでいつでもチャレンジできます。

是非お試しください(#^.^#)

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村