晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

焼酎の漬け込み酒をつくってみた その13「塩レモンの焼酎②」

先月より漬け込んだ塩レモン。

 

www.bansyaku.com

 

その後のご紹介です。

 

 

1週間後。

 

f:id:clear-rock:20180302185813j:plain

塩は全部溶けました。

多分これで十分使える状態と思われます。

せっかくなので1か月寝かして熟成塩レモンとしていただきます。

多分その方が旨いに違いないと思います。

 

 

1か月後

f:id:clear-rock:20180302185953j:plain

 

何か、塩分の影響かレモン果肉がしわしわしてる感じですね。

果汁も瓶にたまっており、いい具合に熟成していると思われます。

早速今夜頂いてみます。

 

 

 

盛り付け

f:id:clear-rock:20180302190157j:plain

 

炭酸水と焼酎甲類でいただきます。(焼酎はキンミヤ使用)

焼酎1:炭酸水2 そこに塩レモン輪切りを1枚入れます。

おつまみは、天然ブリを塩レモン漬けにして揚げたものです。

 

お味は、

 

なかなかイケます!

普通のレモンサワーを連想すると全く違うものと思っていただいて間違いないです。

塩分があり、甘みはないので梅干し割に近いイメージの味わいです。

お湯割りもいいんじゃないでしょうか。

 

それより、ブリがおいしかった。

塩レモンの調味料としての優秀さを改めて痛感することとなりました。

 

レモン。

奥が深い。

今後も色々チャレンジしてみます!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村