晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

ウィスキーで晩酌を。サントリー「ホワイト」

今日も晩酌。

今日は久しぶりにウィスキーを楽しもうかと思います。

せっかくなのでメジャーなものを。

ついでに言うなら日々の晩酌用なのでお財布にやさしいものを。

ということで、今回はこのウィスキーを選んでみました。

 

今日のウィスキーは、サントリー「ホワイト」

 

f:id:clear-rock:20180907195628j:plain

公式サイトより


1923年、日本初のウイスキーづくりを開始した鳥井信治郎が、国産ウイスキー第1号として1929(昭和4)年に発売。当初のブランドネームは「サントリーウイスキー」のみでしたが、白いラベルから「白札」と呼ばれるようになり、戦後はウイスキー通に愛され、通称「シロ」で親しまれてきました。このため、1964年より現在の「ホワイト」に改称。

とのこと。

原材料はモルト、グレーン。アルコール度数40%。

国産ウィスキー第1号の名残を組む1本。ドラマ「マッサン」でも「鴨井ウィスキー」として登場の知名度抜群のウィスキー。とはいえ、現在は製造元のサントリーが「角」「トリス」押しのため、なかなか飲む機会が少なくなった感もあります。

そういえば、その昔は「サミーデイビスJr」が歌いながら飲むCMをしていた記憶がありますが最近ホワイトのCMって見ないですね…

この機会に初めてチャレンジしたいと思います。

 

先に言っておきますが、私は専門家じゃないので「オーク樽」「シェリー樽」などの香りの違いや「スパイスの効いた」とか「レーズンのような」とかの表現はできません。

素人が飲んだ時の感覚レベルのレビューになってしまいますがご了承ください。

 

【味わいレビュー】色々な飲み方で頂きます。

開封後の香りですが、「サントリー感のある香り」がします。難しくてうまく言えませんが、リザーブとかオールドに似た香りです。サントリーのウィスキーって独特の香りがありますよね。

そして一口飲んでみます。

最初に来るのはアルコールの辛み。結構辛い。アルコールのテイストが先行してる感じです。多少エイジングの浅い原酒を利用しているのだと思います。

次に全体味わいの印象ですが、「サントリーのウィスキーってこんな味だよな」と言わんばかりの香りが口の中を支配します。

具体的にいうと「清涼感ある樽の香り」・「穏やかな薫香」・「クリーミーな甘み」という感じですかね。

ちょっとアルコールの角が残っているのが気になりますが、それ以外は文句のない美味しさです。

飲み方は、水割り・ロック。ハイボールもいいですね。

価格は、1本640mlで1080円程度。

購入は、酒専門店でお求めいただけます。

※あくまで個人的主観ですので購入は自己責任でお願い致します。

 

下記にテイスティングノートをまとめたのでご参考ください。

メーカー 銘柄
サントリー ホワイト
     
産地 内容量 価格
日本 640ml 1080円
     
原材料 バリエーション 度数
モルト・グレーン 640ml~4000ml 40度
     
エイジング感
浅め・アルコール刺激強め
     
飲み方
ハイボール・ロック・水割り
     
樽香 薫香 レア度
穏やか 穏やか
     
テイスト
クリーミーな甘さがメイン。サントリーウィスキーらしい樽香も感じられます。
     
主なCMタレント
サミー・デイビスJr
     
総合評価
旧白札。「サントリーのウィスキーらしい味わい」が特徴。飲んでみる価値は十分あり。

 

サントリー ホワイト 640ml

サントリー ホワイト 640ml