晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

ウィスキーで晩酌を。南アルプスワインアンドビバレッジ「角鷹くまたか」

今日は晩酌。

今日はウィスキーをいただきます。

本日レビューするウィスキーは、近所の酒屋で売っていた見慣れないヤツ。

まあ価格も高くなかったのでちょっと手を出してみました。

美味しかったら儲けもんです。

 

今日のウィスキーは、南アルプスワインアンドビバレッジ「角鷹くまたか」

 

f:id:clear-rock:20190129203107j:plain

公式サイトより

厳選された原酒をバランスよく配合し、富士山西方の採水地のろ過水をブレンド。甘やかな香りと厚みのあるコクに、心地よく長く続く余韻が絶妙な仕上がりです。

とのこと。

原材料は、モルト・グレーン。

アルコール度数40%。

スピリッツ未混合の一般的なウィスキーのようです。

過去、何本かこのメーカーのウィスキーをレビューしました。

www.bansyaku.com

www.bansyaku.com

 いずれも価格のわりにクオリティーの高い1本でしたのでこの1本にも期待したいと思います。

ではいただきます。

※先に言っておきますが、私は専門家じゃないので「オーク樽」「シェリー樽」などの香りの違いや「スパイスの効いた」とか「レーズンのような」とかの表現はできません。素人が飲んだ時の感覚レベルのレビューになってしまいますがご了承ください。

 

【味わいレビュー】ロック等でいただきます。

香りは樽の穏やかで甘い香りが先行。

一口含むと、薫香は非常に少なく樽の香りと甘みの先行した味わい。

アルコールの辛みは感じられるのでエイジングはやや浅めだと思いますが、薫香は少なく、甘い樽香メインですので非常に飲みやすい癖の少ない印象の強い1本です。

ロックでもいいんですけど、お湯割りで飲むと甘さがクリーミーさを増してさらに飲みやすくなります。

炭酸で割ってもへたれないタフな味わいも感じられます。

正直思った以上に良い1本。テイスト的にはサントリー「レッド」に雰囲気が似ているという感じ。

個人的にはいろんな飲み方で楽しめるので非常にお得な1本と思います。

価格は1本1200円程度。

購入は酒専門店で見かけますので是非お手に取ってみてください。

※あくまで個人的主観ですので購入は自己責任でお願い致します。

下記にテイスティングノートを残しましたので参考までに。

メーカー 銘柄
MWAB 角鷹くまたか
     
産地 内容量 価格
日本 700ml 1200円
     
原材料 バリエーション 度数
モルト・グレーン 700ml 40度
     
エイジング感
浅い・アルコール刺激やや強め
     
飲み方
ロック・水割・お湯割り・ハイボール
     
樽香 薫香 レア度
甘く強い 薄い
     
テイスト
アルコールの辛みがやや強いが、メインのテイストは甘味。ライトな飲みやすさが先行。
     
主なCMタレント
 
     
総合評価
甘さ中心で癖が少ないので食事にも合わせやすい。飲みやすくて万人受けする味わい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

角鷹 くまたか 南アルプスワインアンドビバレッジ 700ml
価格:1274円(税込、送料別) (2019/1/31時点)