晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

焼酎甲類乙類混和焼酎を飲んでみた。Vol.3 伊勢萬「熟成焼酎 光年 20度」

今日も晩酌。

最近レモンサワーと焼酎甲類ばっかりだったのでたまには浮気しようかと思います。

以前レビューした「焼酎甲類乙類混和焼酎」が非常に秀逸でしたので近所で売ってないかな??っと詮索したところ、珍しいボトルが売っていましたので購入してきました。

早速レビューしたいと思います。

 

第3回目の焼酎甲類乙類混和焼酎は、伊勢萬「熟成焼酎 光年 20度」

f:id:clear-rock:20180610181901j:plain

公式サイトより


時に、磨かれて。
熟成光年

琥珀色の輝きは歳月をかけて溶け込んだ樽熟成の証です。

貯蔵期間の異なるトウモロコシと麦の甲類焼酎に、
麦の乙類焼酎をブレンドしました。
樽の香りと麦の風味が広がり、すっきりとした中にもコクのあるまろやかな味わいが特徴です。
ボトルはぬくもりを残したデザインにこだわり、網目模様を生かし、ごつごつと手触り感のあるものにしました。取り澄まさず、荒削りな表情が味わいをさらに深めます。

オンザロック、水割り、お湯割りでお楽しみ下さい。

とのこと。

原材料は焼酎甲類80%(とうもろこし・麦)・焼酎乙類20%(麦・麦麹)

樽熟成してるんですね。

ということは宝焼酎レジェンドみたいな味かしら?

ちなみにレジェンドのレビューは以下。

www.bansyaku.com

 違いも含めレビューしたいと思います。

 

【味わいレビュー】ロック・ストレートでいただきます。

最初のインパクトは樽の香り。

ふわっと香る程度ですが非常に心地いい。

そのあと、とうもろこし由来の甘さや麦由来のまろやかさが続きます。

最後に後味に麦麹を思わせるテイストが残る感じ。

アルコール感はやや強めではありますが刺すような刺激ではなく、あくまでまろやかな中に広がる感じです。

やはりベースが焼酎甲類なのでスッキリとした味わいが際立ちます。

テイスト的にはレジェンドにニアーではありますが、もっと熟成麦焼酎っぽい感じ。

とはいえ旨い。じつに旨い。

ヘタなウィスキー飲むより個人的にはこっちの方がイイ。

スッキリ系樽熟焼酎希望の方には超お勧めの1本です。

価格は1本800円ほど。やや割高ですが、納得のテイストです。

購入は酒専門店で購入可能です。

※あくまで個人的主観ですので購入は自己責任でお願い致します。

f:id:clear-rock:20180610182157p:plain

焼酎甲類乙類混和焼酎。

ぜんぜん中途半端なやつじゃないです。

この個性。是非知っていただきたいです。