晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

レモンサワーを比較してみた Vol.27 宝酒造「極上レモンサワー 丸おろしレモン」

今日もレモンサワー。

今日は先月発売したばかりのレモンサワーをレビューします。

このレモンサワーは、厳選焼酎と皮までまるごとの果実感がすごいとのこと。

ちょっと期待しちゃいます。

 

 

第27回目のレモンサワーは、宝酒造「極上レモンサワー 丸おろしレモン」

f:id:clear-rock:20180329204324j:plain

式サイトより

寶「極上レモンサワー 丸おろしレモン」は、“焼酎”と“レモン”のおいしさを追求したこだわりレモンサワーです。ベースアルコールには、味わい深い“11種類の樽貯蔵熟成酒”とレモンの香気成分を含む“レモンサワー用焼酎”をそれぞれ最適なバランスでブレンドした“厳選宝焼酎”を使用しました。
またレモンにもこだわり、果汁はもちろん蒸留技術を活かした“レモンエキス”や“レモンスピリッツ”を使用し、本格的な果実感を実現しています。

<丸おろしレモン>は、“レモン混濁果汁11%”と“全果摩砕レモンペースト”を使用することで、芳醇なお酒感に加えレモンを皮まで丸ごとすりおろしたような複雑で贅沢な果実感が楽しめます。

とのこと。

 

原材料は、レモン(果汁11%)・レモンペースト・レモンスピリッツ(国内製造)・焼酎・糖類・酸味料・香料。アルコール度数7%・カロリー192.5kcal。

レモン果汁だけでなくペーストまで…加えてベースアルコールは「純」と「レモンサワー用焼酎」のブレンド。期待しないわけがないです。

 

【味わいレビュー】グラスに入れていただきます。

レモンの味がすごい。

とにかくレモンの香りが立っており、果汁の酸味と皮由来の苦みが口いっぱいに広がります。さわやかというかジューシーというかとにかく美味しいです。

一方ベースアルコールはもともと穏やかな飲み口の純とレモンの味を際立たせる「レモンサワー用焼酎」。ベースアルコールのテイストはほとんど感じられないというかレモン感を際立たせる立役者になっているのだと思います。

炭酸は飲みやすい程度穏やかです。甘味はほんのりある程度かなり控えめです。アルコール度数は7%ありますが、レモン感が強くあまり感じられません。

コストは、1本150円ほど。コスト以上のテイストはあると思います。5点。

レア度は、酒専門店で購入可能です。6点。

あくまで個人的主観ですので購入は自己責任でお願い致します。

 

f:id:clear-rock:20180329214910p:plain

レモンサワー。

最近は果汁大目が主流のようです。

そりゃおいしいから当然ですよね。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村