晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

焼酎の漬け込み酒をつくってみた その17「王林の焼酎①」

いよいよ漬け込み酒のレビューも本格化してきました。

気付けば17種類の漬け込みを重ね、ちょっとこなれてまいりました。

 

※過去記事は「漬け込み焼酎」のカテゴリーで見てくださいね。

 

「長期熟成の味」を見るべく、一夜漬け~一か月漬けまで進化してきております。

どうせ長くつけて美味しくするなら、絶対に間違いないうまさのフルーツを漬け込んで来月ほくそ笑みたい。

そこで今日は、今まで漬け込んだ中でも印象に残ったフルーツ「りんご」の漬け込み酒に挑戦したいと考えております。前回はふじりんご。今回は旬のリンゴで勝負!

 

今回の漬け込み酒は「王林の焼酎」にチャレンジします!

【作り方】

焼酎に、王林を入れて1か月以上寝かせる。

以上。

 ※あったかくなったら、炭酸割で飲んでやる!

 

【用意した材料】

・合同酒精「おいしい果実酒を作ろう ホワイトリカーゴードー」200ml

・王林1個(約180g分使用)

・氷砂糖 50g

・ポッカレモン 20ml

※今回は450mlの瓶を使用しております。

 

f:id:clear-rock:20180215220132j:plain

王林は甘味が強くて美味しいリンゴ。出来上がりが楽しみです。

 

王林は皮をむかずに適当に角切りにします。

(前回はビジュアル重視で薄切りにしましたが切り方に変化をいれました。)

王林には酸味が少ないのと、酸化防止を兼ねてポッカレモンにつけてそのまま瓶へ入れていきます。

もちろん長期保存が予想されますのでビンはきちんと消毒が必要です。

(今回も次亜塩素酸水で殺菌済みです。)

今回も氷砂糖を使用し本格的に参ります。

(今度はちみつも使ってみたいところですね。)

 

 

では上記に基づいて作ったものがこれです。

 

f:id:clear-rock:20180215220206j:plain

ビジュアルは以前より劣りますが、いよいよそれっぽい。

本格漬け込み酒に近くなってきました。

では1か月後にレビューします!

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村