晩酌代は小遣いから。

限られた予算の中でお酒を楽しむアラフォー男子

焼酎の漬け込み酒をつくってみた その5「ホワイトワイン&ラフランスティー焼酎」

前回の「アップルティー焼酎」の成功を受け、

今回は更なるフレーバーティー焼酎の開発を行って見たいと思います。

※思った以上に紅茶+焼酎の相性はGood!!と言うことが判明しております。

 

第5回目の漬け込み酒は「ホワイトワイン&ラフランスティー焼酎」

 

【作り方】

焼酎に、ホワイトワイン&ラフランスティーを一晩浸す。

以上。

 

【用意した材料】

・宝焼酎25度 

※宝焼酎はバランスのとれたスタンダードな一品。合うと思います。

・ホワイトワイン&ラフランスティー(日東紅茶)1杯分

・入れ物(ワンカップ焼酎の空きパック)

 

f:id:clear-rock:20180116213628j:plain

香りは非常によろしい。これぞフレーバーティーって感じです。

 

 

 

 

ではではいつも通り投入致します。

はいドボン

f:id:clear-rock:20180116213702j:plain

早く美味しくなってもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

そして一晩経ちました。

※10時間後 

f:id:clear-rock:20180116213754j:plain

旨そうな色に染まりました。

 

 

香りは・・・・

 

 

お上品だ。

何てさわやかでフルーティーな香りなのだ…

今すぐ飲みたい。

でも、我慢で出勤しまーーーーーーーーーーーーーーーす。

 

 

 

 

と言うわけで、夜。

やっと飲めます。

 

お味は…

 

 

 

ウマッ!!

 

やっぱり紅茶の香りでアルコール臭って影をひそめますね。

特にこの紅茶、白ワインを思わせる清涼感のあるフレーバーと、ラフランスを思わせる芳醇なフレーバーが合いまったフレーバーティー。「これはただの紅茶ではない」感が半端なく焼酎に憑依しております。

何より焼酎甲類独特の「味気無さ」に「華やかさ」が一気に加わることで、焼酎甲類を飲んでいる感覚は薄れて、気づけばお洒落なカクテルでも飲んでるかのような錯覚まで起こる始末です。

こいつはイイです。

おつまみは、脂の多いお魚(ブリなど)とかピスタチオ・ドライフルーツなんかがイイですね。(合うし、お洒落だし。)

是非お試しください。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村